初産記録〜産まれた!〜

相変わらずの陣痛だが、そのうち呼吸の仕方のレクチャーされ、しばらくすると手の横にある手すりを持ってください〜と言われる。
おぉ!出産っぽい!
と思うも、言葉にする余裕がない。

少しすると『いきんでみましょう』と言われ、教えてもらいながら陣痛に合わせていきむ。
あぁー…陣痛の痛みがいきむと薄らぐ。力はかかるけど、痛いよりはいいなぁ…
なんて思っていても、懲りない旦那が横から話しかけてくる。
『いきむと痛くないの?』
いまいきんでる最中なんだよ!とイライラしながらも無言で頷く。

無言 イコール イライラしてない、と思ったのか、いきむ毎にお腹の状態を確認する旦那。
赤ちゃんがどの辺りにいるのかという探究心だけで、いきんでるのにお腹をツンツン押される。
正直集中出来ないしすっっっごくイライラする(笑)
こいつ、調子乗ってんな…とジワジワくる怒り。
何回目かの時さすがに『さわんないで…(怒)』と静かにキレるとようやく察したようで、旦那は『ゴメン…』と腹の確認をやめる。

どれくらいいきんだのかな…
私自身は痛みも何も変化なしだが助産師さんやら看護師さんがバタバタし始める。
そこへ先生らしき人登場。
助産師さんが説明?し、うんうんと話している。
私のお股のすぐ近くで話してるのに、会話がまったく入って来ないぐらいに気が遠い。

まだ破水せず袋が見えてるそうなので、助産師さんがピンセットのようなもので破水させてくれる。
お股にぬるい感覚がする。

先生の前で何回かいきんでいると、どうやら頭が出たらしい。
旦那も覗き込んだらしく『頭出てるよ!もうちょっと!』と言われる。
もうちょっとってどれくらいだよ、おまえに分かるのかよ、とイライラしながらツッコむも言葉に出来ないので頷く。

『陣痛来そうな時に教えてください』と言われ、その都度『来そうです…』と言う。
何回目かの時に先生がチョッキンした?と思ったら

ガッバッッッン!という大きな音。
お湯かけました?ってぐらいの温かさ。
オギャーーー!の声。

これが3ついっぺんにきました。


…出た。
最初の感想、まさにこれでした(笑)
『15時31分ね!』と助産師さん。
慌しく赤ちゃんをこねくり回している看護師さん。
『産まれたよー!』と旦那。

うんうん、と頷くもまだ実感がないというかなんというか…出たのかーと言う感じ。

少しすると赤ちゃんが真っ白い布に包まれて、私の左肩辺りに置かれた。
凄い、思ってたよりもちゃんと人間の形なんだなー、なんて思って見ていると
『触っていいのよ!』と助産師さんに言われる。

触っていいの?なんか…怖いなぁと思いつつも赤ちゃんの右手をツンツンしてみる。
…温かい。
産まれたんだね、良かった…
と安心したら身体が震えるくらい号泣してました。
旦那に手を握られたけど、握り返すだけで精一杯。

2013年2月7日、15時31分
分娩時間23時間30分で元気な男の子が産まれました(^^)

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 04:01 | 初産記録