初産記録〜あとひと息!〜

朝になったよ…
朝方には産まれると言われたが、結局産まれないまま病院の朝ご飯を食べる。
午前8時、味薄い。

少しして母が差し入れを持ってやって来る。
相変わらず5分間隔の陣痛。
また腰をさすってもらう。
母からの差し入れを食べた旦那がLDRに戻ると、助産師さんから誘発剤を入れるかもしれないという説明。
少し不安になるが、うんうんと説明を聞く。

相変わらず続く陣痛。
いつまで続くのかな…と思い始めた頃、助産師さんが先生を引き連れてやってくる。
このままだと体力ばかり消費して、肝心のお産まで持たないかもと言われ、お昼前に誘発剤を入れる。

誘発剤を入れてからは、今までの比じゃないぐらいの陣痛!
痛いよー!痛いよー!と絶えず絶叫(^_^;)
ホントに痛い。
寝てるのもツラい。

病院のお昼を持って来てもらったけど、食べれないし、その前に起き上がれない。痛い。

お昼を食べれないとなると、助産師さんがベッドを分娩台に替えてくれる。
『う、産まれますか?』
と助産師さんに聞くと『そろそろかも(^^)絶対夕方までには出しましょう!』と心強いお返事。
よし、と気合いを入れ直す。

分娩台に跨った格好になり、陣痛に耐える。
相変わらず痛いな、陣痛。
痛いよー、痛いよー!と言う私に旦那が『頑張って〜』と言うので
『頑張ってるよ!』とキレる。
(頑張ってる人に頑張ってって言うなっていつも言ってんだろ、このボケが!!)とイライラする(笑)

いつ付けられたのか分からない赤ちゃんの心音を聞く機械音の中、妊娠期間中1番のキレっぷりで旦那のテンションを奈落の底へ落とす私。
そしてとうとうその時がやってくる…

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 03:37 | 初産記録