初産記録〜はじまり〜

2013年2月6日、予定日から3日過ぎたこの日は朝イチで妊婦検診でした。
診察されるなり『もう産まなきゃ!ちゃんと運動してるの⁉』と先生からハッパかけられる私。
でもね、思うんです。
なんでも予定通りなんていかないよ、予定は未定。
出てきたい時になったら出てくるでしょ、と。

先生や看護師さんからの喝もはいはーいと受け流す私。
それに業を煮やしたかどうかは分かりませんが、先生が一言。
『人工的におしるしを出します』
へぇー、そんなこと出来るんだ〜
ぐらいにしか思っていなかった私。
内診台に上がり、いざ処置が始まるとビッッックリ!!!!!

めちゃくそ痛い。
『いたーーーい!!!』と大絶叫。
(こいつ何すんじゃ!赤ちゃんになにかあったらどうすんだ!(怒)とも思いましたが、そこは堪えてカーテン越しに先生睨んで終わり。
処置が終わり台から降りると…
う、うん…出血しとる。痛い。

で、また診察。
内心めっちゃイライラ(笑)
先生のドヤ〜的な顔をヘラヘラした作り笑いの顔でスルーする私。
この人とは絶対友達になれないタイプ!と線を引き、愛想笑いではいはい相槌。
最後に先生からの『運動しなきゃダメよ!』を余りのイライラで『はいはい。』で済ませました。
私もまだまだ子供だな…(^_^;)反省。

で、母が付き添ってくれていたので、運動がてら駅で早めのお昼食べて行かない?ということになり、駅前の中華屋さんへ。
確か半ラーメンと半チャーハンのセットを食べました。
食後はこれまた運動兼ねて駅ナカのお店をグルグル。夕飯のお惣菜とデザートのケーキをゲットして電車&バスで実家へ帰宅。


そして始まるのです…あの痛みが。

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 02:26 | 初産記録