総合診療医 ドクターG

昨夜NHKで放送された、総合診療医 ドクターG という番組でチラリと「菊池病」のことが出ていました。
私が7年前と4年前にかかった「亜急性壊死性リンパ節炎」の別名です。
(最近では呼び方も少し変わっているようですが …)

番組の内容は
3週間前から熱が下がらない22歳男性患者
という設定でした。
結果としてこの患者さんは亜急性~ではなく、クローン病という病気。

高熱が続く他に関節が痛い・痔になる・喉の痛みはない・リンパも腫れない という症状だそうですが、原因不明の高熱が続くというくくりでは亜急性~と似ていて、慎重に診断をするようです。

何年か前にこのブログで亜急性~について記事を書いたのですが、未だに記事の閲覧数や検索結果を見ると亜急性~の記事が多く読まれています。
「経験者としてなにか役に立てているのか?」とか「あのツライ状況を経験して苦しんでいる人が、いまもいるのかな…」と思うこともしばしばあります。

しかし医療は確実に進歩しており、その中には原因不明とされる病気、亜急性~などの研究も進んでいることと思います。
(初めてかかった7年前は亜急性~と診断してもらえず、3ヶ月で自然治癒しました^^; その3年後の再発時に別の病院にいた佐々木先生に診断してもらいました)

昨日の番組では研修医の先生方が病名を推理していくのですが、その中の一人の先生が「菊池病」という病名を出してくれたということは、私がかかった7年前よりはメジャーになってきている ということかな?

亜急性~に限らず、原因不明の病気で苦しみ不安になっている方が少しでも楽になるように。
1日でも早く元気になるように。
医療が発展するように。
そして私の亜急性~も再発しませんようにぃぃ(^-^; 笑)
[PR]

by natu-sora-love | 2012-08-31 12:50 | フクロウさんのこと