亜急性壊死性リンパ節炎 をまとめてみる

えぇっと、タイトル↑なにかと申しますと、実は2年前の今頃にこの病気になりまして。
その頃は忙しくて考えられなかったのですが、私とおんなじ病気にかかった方、もしくはいまこの病気にかかっていてツライ方がいるんではないかと。
せっかくこうして世界に自分の情報をさらけ出しているのだから、少しは人の役に立つんではないかと。
そう思いまして、
・記憶が少しうっすらしてきている、
・医者ではないので医学的なことが分からず、患者としての感じ方

になってはしまいますが、少しずつ書き加えたりしながらまとめてみようかと思います。
(私もまたいつ再発するかわからんし^^;)



亜急性壊死性リンパ節炎とは…
(あきゅうせい えしせい りんぱせつえん)と読みます。

ひと昔前は症例を発表した(?)お医者さんの名前をとって「菊池病」とも呼ばれていたみたいですね。

主な症状としては
・リンパ節が腫れる
・高熱が出る
・症状が長引く

・しかし、ほおっておいてもそのうち治る

という、よくわからん病気です(笑)
まだ見つかって間もないため症例も少なく、判定まで時間がかかる→そのうちに治ってしまう。ということが昔はよくあったそうな。
(私はその貴重?な症例の一つだったので、高熱でフラフラになってるのに患部の写真撮られました(笑))

2年前はどうだったかなー、と思い出しながら
次は私の経過を書いていきます。
[PR]

by natu-sora-love | 2010-12-09 12:22 | フクロウさんのこと