カテゴリ:初産記録( 7 )

初産記録〜あとがき〜

というわけで、いざ書いてみると痛い!ってことと旦那にイライラしたことだらけになりました(笑)
思い出しながら書きましたが、いやー懐かしい。すでに懐かしい。

私の予後はと言うと…
実は壮大な痔になってしまいまして、入院中はとにかく痔が痛かった。
子宮収縮や会陰切開が痛いと聞きますが、私にはその痛みが分からないぐらい痔が痛かった。
分娩時間が長かったので、その分お尻に負荷がかかったそうで…
お尻の薬をもらいつつ、看護師さんに痔を入れてもらうことも。
いま思うと恥ずかしいけど、そんなこと言っていられないぐらい痛かった(しつこい(^_^;)笑

退院する時には少しは痔もマシになり、なんとか歩けるまで回復しました。


そして2ヶ月半後の現在、赤ちゃんはスクスク成長し6kg超え。
私のお尻もすっかり良くなり、家事と育児を頑張っています( ^ω^ )

あんなに痛くて大変だったけど、我が子を見ると痛みを忘れるし、なにより可愛い♡
そしてまた赤ちゃん産みたいなぁと思うのです、あんなに子供嫌いだったのにとっても不思議(^_^;)


ただ慌しく旦那にイライラし続けた私の初産記録(笑)、この辺で終わりにします(^^)
これを読み返すとき、息子はどのくらい大きくなっているのか…
いまからとても楽しみです( ^ω^ )♪

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 04:45 | 初産記録

初産記録〜産まれた!〜

相変わらずの陣痛だが、そのうち呼吸の仕方のレクチャーされ、しばらくすると手の横にある手すりを持ってください〜と言われる。
おぉ!出産っぽい!
と思うも、言葉にする余裕がない。

少しすると『いきんでみましょう』と言われ、教えてもらいながら陣痛に合わせていきむ。
あぁー…陣痛の痛みがいきむと薄らぐ。力はかかるけど、痛いよりはいいなぁ…
なんて思っていても、懲りない旦那が横から話しかけてくる。
『いきむと痛くないの?』
いまいきんでる最中なんだよ!とイライラしながらも無言で頷く。

無言 イコール イライラしてない、と思ったのか、いきむ毎にお腹の状態を確認する旦那。
赤ちゃんがどの辺りにいるのかという探究心だけで、いきんでるのにお腹をツンツン押される。
正直集中出来ないしすっっっごくイライラする(笑)
こいつ、調子乗ってんな…とジワジワくる怒り。
何回目かの時さすがに『さわんないで…(怒)』と静かにキレるとようやく察したようで、旦那は『ゴメン…』と腹の確認をやめる。

どれくらいいきんだのかな…
私自身は痛みも何も変化なしだが助産師さんやら看護師さんがバタバタし始める。
そこへ先生らしき人登場。
助産師さんが説明?し、うんうんと話している。
私のお股のすぐ近くで話してるのに、会話がまったく入って来ないぐらいに気が遠い。

まだ破水せず袋が見えてるそうなので、助産師さんがピンセットのようなもので破水させてくれる。
お股にぬるい感覚がする。

先生の前で何回かいきんでいると、どうやら頭が出たらしい。
旦那も覗き込んだらしく『頭出てるよ!もうちょっと!』と言われる。
もうちょっとってどれくらいだよ、おまえに分かるのかよ、とイライラしながらツッコむも言葉に出来ないので頷く。

『陣痛来そうな時に教えてください』と言われ、その都度『来そうです…』と言う。
何回目かの時に先生がチョッキンした?と思ったら

ガッバッッッン!という大きな音。
お湯かけました?ってぐらいの温かさ。
オギャーーー!の声。

これが3ついっぺんにきました。


…出た。
最初の感想、まさにこれでした(笑)
『15時31分ね!』と助産師さん。
慌しく赤ちゃんをこねくり回している看護師さん。
『産まれたよー!』と旦那。

うんうん、と頷くもまだ実感がないというかなんというか…出たのかーと言う感じ。

少しすると赤ちゃんが真っ白い布に包まれて、私の左肩辺りに置かれた。
凄い、思ってたよりもちゃんと人間の形なんだなー、なんて思って見ていると
『触っていいのよ!』と助産師さんに言われる。

触っていいの?なんか…怖いなぁと思いつつも赤ちゃんの右手をツンツンしてみる。
…温かい。
産まれたんだね、良かった…
と安心したら身体が震えるくらい号泣してました。
旦那に手を握られたけど、握り返すだけで精一杯。

2013年2月7日、15時31分
分娩時間23時間30分で元気な男の子が産まれました(^^)

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 04:01 | 初産記録

初産記録〜あとひと息!〜

朝になったよ…
朝方には産まれると言われたが、結局産まれないまま病院の朝ご飯を食べる。
午前8時、味薄い。

少しして母が差し入れを持ってやって来る。
相変わらず5分間隔の陣痛。
また腰をさすってもらう。
母からの差し入れを食べた旦那がLDRに戻ると、助産師さんから誘発剤を入れるかもしれないという説明。
少し不安になるが、うんうんと説明を聞く。

相変わらず続く陣痛。
いつまで続くのかな…と思い始めた頃、助産師さんが先生を引き連れてやってくる。
このままだと体力ばかり消費して、肝心のお産まで持たないかもと言われ、お昼前に誘発剤を入れる。

誘発剤を入れてからは、今までの比じゃないぐらいの陣痛!
痛いよー!痛いよー!と絶えず絶叫(^_^;)
ホントに痛い。
寝てるのもツラい。

病院のお昼を持って来てもらったけど、食べれないし、その前に起き上がれない。痛い。

お昼を食べれないとなると、助産師さんがベッドを分娩台に替えてくれる。
『う、産まれますか?』
と助産師さんに聞くと『そろそろかも(^^)絶対夕方までには出しましょう!』と心強いお返事。
よし、と気合いを入れ直す。

分娩台に跨った格好になり、陣痛に耐える。
相変わらず痛いな、陣痛。
痛いよー、痛いよー!と言う私に旦那が『頑張って〜』と言うので
『頑張ってるよ!』とキレる。
(頑張ってる人に頑張ってって言うなっていつも言ってんだろ、このボケが!!)とイライラする(笑)

いつ付けられたのか分からない赤ちゃんの心音を聞く機械音の中、妊娠期間中1番のキレっぷりで旦那のテンションを奈落の底へ落とす私。
そしてとうとうその時がやってくる…

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 03:37 | 初産記録

初産記録〜長い陣痛〜

帰宅してからはガッツリとくる陣痛。
とりあえず陣痛に耐えながらシャワーを浴び、風呂から出ると母が食事の用意をしてくれていました。
18時、少し早めの夜ご飯を食べる。
食事中も絶えず来る陣痛。
でも食べなきゃ、出産に備えなきゃ、と頑張って食べる。

19時、日本代表のサッカーが始まる。
確か親善試合かなにか。
見たい、でも痛い。と、なかなか内容が頭に入って来ない。
この時の陣痛、5分間隔。
母に『病院に連絡したら?』と急かされるも『前半…前半だけでも見させて…。』と、よく内容も入って来ないのに意地でも前半を見ようとする私。
粘った結果、前半0-0
…おい!ゴールが見たくて粘ったのに!!!
(この後、後半で日本はゴールを2、3点決め、試合に勝つのでした。当然、私は見れず。)

病院の前に姉(出産経験者&姉も出産した病院だったので)に電話。
先程病院から帰されたことと、いまは陣痛が5分間隔だと言うと『早く病院連絡しな!頑張って!!』と言われ、ようやく病院に電話。
夕方と同じような返答。
荷物持ってタクシーでGO。
タクシーの中でも3回ほど陣痛が来る。

夕方と違うのは、夜間入り口に通されたことと、これ明らかでしょ!ってぐらいの陣痛。
また帰されたらどうしよう、と思ってる最中も座っていられないぐらい腰が痛い。
守衛さんに見守られながら痛いよー痛いよー、と言っていると看護師さんが車椅子を押してお迎えに来てくれました。

まだ歩けるんで大丈夫です、と言うも促されて車椅子に乗りLDRへ直行。
あぁ…やっと入院出来るんだ、と思うもつかの間。
入院服に着替えてベッドに横になっててね、と言われ陣痛の具合を見ながらささーっと着替えて横になる。
定期的に来る陣痛もだんだん痛みが増してくる…陣痛が来る度に母に腰をさすってもらう。
はぁー、少し楽。
と思うとまた来る陣痛。

これを何回か繰り返していると、母から連絡を受けた旦那が病院に到着。
時間は23時。
母と旦那が交代して、助産師さんからも『朝方には産まれるでしょう』と言われ、気合いを入れ直す。

ここからはドンドン痛みが増す。
痛い。とにかく痛い。
腰痛の時の腰が滑りそうな感じが1分ほど続く…5分寝る…また痛くなるの繰り返し。
その度に旦那に腰をさすってもらう。

何度目かの時に『痛いよー(泣)』と言うも腰がさすられないので見てみると、私の腰に手を当てたまま寝る旦那。
あぁ…私は陣痛の間寝てるけど、旦那は寝れてないのか…でも『痛ーーーい!』
と絶叫して旦那を起こす(笑)

そして陣痛が続いたまま、白々と夜が明けるのでした。

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 03:09 | 初産記録

初産記録〜陣痛がやってきた〜

病院から帰宅し、運動せずお茶しながら母とテレビを観ていた私。
午後のロードショーは海外版リングでした。
アメリカンな貞子の恐怖に怯えながらテレビに喰いつく母と私。

そして15時前、映画もとうとう終盤に差し掛かろうという時。
『んん?い、痛いなぁ』と腰に違和感を覚える私。
元々腰痛持ちなのですが、どうやら腰痛が出てるみたい。
10分後、『痛っ!また腰痛??』
今度はさっきより痛い。
また10分後、もっと痛い(笑)

『ねぇヒヨちゃん(母のあだ名)、腰が痛いよ…定期的に。』
これはキタな、と母も私も確信。
そして急いでケーキを用意する母。何故!(笑)
『だって、せっかく買ったのに食べれなかったら可哀想じゃん(/ _ ; )』と母。
では、ケーキを食べつつ様子を見て、16時になっても続くようなら病院に電話しよう、ということになりケーキを食べる。

16時、相変わらず来る痛み。
病院に電話すると『では入院の荷物を持って、病院にいらしてください』と言われたので、タクシーでGO!
この時は約7分感覚で陣痛が来てました。

病院に到着、すぐ診察。
このまま入院か…と思っていると、午前とは違う先生から衝撃の一言。
『まだ子宮口開いてないから、家に帰って(^^)笑顔』

私『え?』
先『うん、まだ(^^)』
私『めっちゃ痛いんですけど…』
先『まだ3cmしか開いてないんだ(^^)』
私(3cm開いてんじゃん!イラっ)

ここで笑顔の看護師さんが
『美味しいものいっぱい食べて、シャワー浴びて、まだ陣痛続くようならまた連絡くださいね(^^)頑張って!』

マジかー…と半泣きの私。
付き添いの母に『帰れって言われた…』と言うとビックリの母。
『痛そうなのにねぇ…』
や、痛いよ。痛いけどまだらしいよ。

とりあえず帰ってシャワーしてご飯食べよう〜となり、タクシーで帰宅。

でもこの時に家に帰れて良かった…といまになって思うのです。
だって、これから寝ずの陣痛が始まるのですから…。

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 02:45 | 初産記録

初産記録〜はじまり〜

2013年2月6日、予定日から3日過ぎたこの日は朝イチで妊婦検診でした。
診察されるなり『もう産まなきゃ!ちゃんと運動してるの⁉』と先生からハッパかけられる私。
でもね、思うんです。
なんでも予定通りなんていかないよ、予定は未定。
出てきたい時になったら出てくるでしょ、と。

先生や看護師さんからの喝もはいはーいと受け流す私。
それに業を煮やしたかどうかは分かりませんが、先生が一言。
『人工的におしるしを出します』
へぇー、そんなこと出来るんだ〜
ぐらいにしか思っていなかった私。
内診台に上がり、いざ処置が始まるとビッッックリ!!!!!

めちゃくそ痛い。
『いたーーーい!!!』と大絶叫。
(こいつ何すんじゃ!赤ちゃんになにかあったらどうすんだ!(怒)とも思いましたが、そこは堪えてカーテン越しに先生睨んで終わり。
処置が終わり台から降りると…
う、うん…出血しとる。痛い。

で、また診察。
内心めっちゃイライラ(笑)
先生のドヤ〜的な顔をヘラヘラした作り笑いの顔でスルーする私。
この人とは絶対友達になれないタイプ!と線を引き、愛想笑いではいはい相槌。
最後に先生からの『運動しなきゃダメよ!』を余りのイライラで『はいはい。』で済ませました。
私もまだまだ子供だな…(^_^;)反省。

で、母が付き添ってくれていたので、運動がてら駅で早めのお昼食べて行かない?ということになり、駅前の中華屋さんへ。
確か半ラーメンと半チャーハンのセットを食べました。
食後はこれまた運動兼ねて駅ナカのお店をグルグル。夕飯のお惣菜とデザートのケーキをゲットして電車&バスで実家へ帰宅。


そして始まるのです…あの痛みが。

続く

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 02:26 | 初産記録

初産記録

亜急性壊死性リンパ節炎を数年前に患った私。
体験記録を書いたお陰?で、いまでも検索を掛けてこのブログを覗きにきてくれる方がいるようです。
もっとも、病気の記事を見てる方は亜急性壊死性リンパ節炎現在進行中の方か、その身近な人、ということだと思うので、あの病気のツラさや不安な気持ちは経験者としてわかってるつもりです。

で、懐かしさもあっていま読み返してみたんです。
超〜〜〜フラッシュバック(笑)
ツラい思い出過ぎて、ちょっとブルー(死語?)にすらなりました(笑)
でね、思ったんです。

出産もツラかったなぁ…
いまのこの忙しさも手伝って、私はあの感動をいつか忘れてしまうのではないか、と。

…じゃあブログに書いとけば良くね?

ということで、約24時間に及んだ私の出産記録を残しておこうと思いますm(_ _)m

ちなみに、亜急性壊死性リンパ節炎の時の投薬としてステロイドを使用しましたが、約5年後に訪れた出産では何も影響はありませんでした。
息子さんめっちゃ元気だし、私もめっちゃ元気( ^ω^ )
亜急性〜自体の再発も今のところありません。

ではでは、前置きが長くなりましたが、ひとつずつ思い出しながら初産記録を記したいと思います(^-^)/

[PR]

by natu-sora-love | 2013-04-17 02:11 | 初産記録